広告

かつお節〜日本人が極めた味〜「奇跡の地球物語〜近未来創造サイエンス〜」2012年5月27日【どんな素人でもプロの味!料理が百倍おいしくなる「だし」】


自然保護の意識が高いがすしも好きだという人が、うっかり本マグロ(クロマグロ)を食べてしまわないための簡単なルールがある。値段がとっても高いのが本マグロだ。
大西洋の本マグロの年間漁獲量の80%を消費する日本では、本マグロの一切れが20ユーロ(約2300円)するのも当たり前。2008年のマグロ主要5種の世界の年間漁獲量は400〜450万トンだが、本マグロはそのうちの1%にも満たない約2万4000トンにすぎない。
ツナ缶の原料には、マグロ属ではなくカツオ・マグロ類の年間漁獲量の60%を占めるカツオ属の魚が使われることが多い。ツナ缶の多くは欧米市場のほか豪州や日本に向けて出荷されている。
 自然保護論者たちは、世界市場におけるマグロ属の需要が高まることで本マグロ以外の魚種も危機にさらされる恐れがあると懸念する。その結果、価格は上昇し、水産資源保護のため漁獲割当の強化も必要になるだろう。
1950年のマグロ主要5種の世界の漁獲量は70万トンだったが、1970年には110万トン、1990年には290万トン、2008年には420万トンに増加した。
米環境NGO「ピュー環境グループ(Pew Environment Group)」のポリシーディレクター、スー・リーバーマン(Sue Lieberman)氏は、「科学者らの推計によれば、現在の漁獲量を続けていれば2030年までに海の大型魚をすべて食べ尽くしてしまう計算になる」と語った。

日本料理(和食)の特徴は、「出汁(だし)」。
料理でお出汁を取る文化は、世界的に見ても日本くらい。

奇跡の地球物語〜近未来創造サイエンス〜
http://www.tv-asahi.co.jp/miracle-earth/
2012年5月27日
かつお節〜日本人が極めた味〜
初夏を告げる魚「鰹」 後にこの魚は、日本料理の味を決定づけたといっても過言ではない食材に姿を変える。
『かつお節』それは誰もが認める日本の味。
日本食文化の根幹を支えるかけがえのない伝統食品『かつお節』の秘密に科学が迫ります。


【どんな素人でもプロの味!料理が百倍おいしくなる「だし」】

あなたは日々のお料理に満足していますか? 料理にどのくらいの時間を使いますか? 調味料は何種類使い分けていますか?
今回は、いつもの料理の味がいまいち決まらないという方、時間がなくてたいした料理が作れないという方に嬉しいニュースがあります。
たくさんの調味料がなくても、1本あれば激的に美味しい料理に変身する魔法の瓶があるのです! それは、博多めんちゃんこ亭秘伝のだしである『料理番』というもの。
福岡に30年以上もの歴史を持つ麺とちゃんこの融合鍋のお店『めんちゃんこ亭』が販売している万能旨味液なのです。
アルバイトの人でも、どんな料理ができない社員でも、お客様でも「この旨味液をきっちり計って使えば同じ美味しい料理やお鍋のダシが作れるように開発した」と社長の米濱さんはおっしゃっていました。
これが「一度使ったら病みつきになる」と、リピートが続出して、お客様に大ヒットしたそうです。
ちなみに私は、「これ1本で」という謳い文句での商品はたくさん試してみましたが、あまりリピートにはつながりませんでした。それは、料理家として美味しい料理を作るために、手間を惜しんだり、調味料に妥協したりしたくなかったから。
ただ、こちらの商品は試してみて納得!
「何でここまで料理を美味しくくれるんだろう」と気になって原材料を見てみたら、驚くべきことに貴重なハモのエキスが入っていました!
醤油、エキス類(鶏、ハモ、かつお節、ほたて貝、椎茸、昆布、カキ、にんにく)、食塩、糖類(砂糖、ぶどう糖)、米発酵調味料、調味料(アミノ酸等)、アルコール、甘味料(甘草)(原材料の一部に大豆、小麦、豚肉を含む)
そして、出汁を採る際にかかせない鰹節や昆布はもちろんのこと、牡蠣や帆立、椎茸まで入っているのです。これは旨味の塊のような商品ですね!
『料理番』で料理を作るのは、とっても簡単。例えば、以下のような使い方ができます。

A・・・白菜と豚肉をざく切りにし、料理番と水を適量入れ、塩胡椒をふります。蓋して、野菜がしんなりすれば豚と白菜の旨煮の出来上がりです。

B・・・トマトとカリフラワーをざく切りにし、水と白ワインと料理番をいれて、20分煮ます。あとは、ミキサーにかけて塩胡椒で味をととのえて出来上がり。乳や脂肪分なしの低カロリーで栄養満点のトマトとカリフラワーのスープが出来上がり!

C・・・卵に料理番を少し入れて、いつものようにオムレツを。ただの卵が料亭の味に! 白米とも合うのです。

D・・・にんじん、じゃがいも、水、料理番を入れて柔らかくなるまで煮ます。仕上げにキャベツを一玉入れて、しんなりするまで蓋をして火にかけ、塩胡椒して完成です。お野菜たっぷりのヘルシーなポトフの出来上がりです。

高級魚のハモや帆立、かつおなど、さまざまな素材の旨味が詰まってるので、どんなお料理にも最高にマッチします! 少し入れるだけで、あっというまに味がしみ込んで、驚くほどコクと旨味を引き出してくれるのです。
これ一本で簡単にプロの味になる万能旨味液。忙しくてなかなか料理が作れないあなたにもオススメです。ぜひお試しくださいませ!

【美容と健康・全般の最新記事】
posted by レーシック&ビューティー at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美容と健康・全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/272076441

この記事へのトラックバック
nbsp; % /if -%% loop:list_pager %
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

article_child__writer